酪農家の取り組み
良い土が良い牧草を育て、良い牧草は健康な牛を育む。
健康な牛は良質な牛乳を出し、そして良質な牛乳を飲む人は健康になり幸せになる。
さらに、牛の糞尿は堆肥として再び飼料作物畑や牧草地に還され、良い土を育てます。
(健土健民思想、天地自然循環の法則)
サツラクの酪農家たちは、自らの手で搾った牛乳を「サツラク牛乳」として自ら販売しています。
[ 生産・販売一貫体制 ]
だから、お客さまに「サツラク牛乳」を安心して飲んでいただけるよう、乳質改善には誰もが真剣です。
「良い土づくり・草づくり」「良い牛づくり」を行い、「安心して飲んでいただける牛乳」をつくる。
サツラクは、素材の良さを生かした手づくりの味を実現しています。
良い土づくり、草づくり
農薬や化学肥料の使用を最小限に抑えた有機質で活性化された健康な土は、牛が好んで食べる栄養価の高い牧草を育てます。
サツラクでは科学的な分析システムを整え、「良い土づくり・草づくり」に努力を重ねています。
よい土にするために、1年から2年かけてできた完熟堆肥を畑に散布し、土に還します。
この毎年の繰り返しが土地をますます肥沃にし、よい牧草を育てるのです。
肥沃な土 牧草地
牛
良い牛づくり
・牛の改良
栄養価の高い牛乳や、量をたくさん出す牛は素質によって差があるので、牛もサラブレット同様に血統を重視します。
良い牛に能力の高い種牡牛を交配して、更に能力の高い子孫を残す努力をし、牧場の牛群の素質の向上を計っています。
・購入飼料(濃厚飼料)
北海道の場合は自給飼料の補助飼料(配合飼料)としてトウモロコシ、大豆粕、ふすま等を使用します。
サツラクでは早々にNon-GM(非遺伝子組換え)飼料の購買を始め、Non-GM飼料を使用した牛乳の製造、出荷も行っています。
・フリーストール・ミルキングパーラー方式
サツラクの牧場は、「フリーストール・ミルキングパーラー方式」の牧場が多くみられます。
「フリーストール・ミルキングパーラー方式」とは、牛たちが暑いときには日陰の涼しい場所へ移動が自由にでき身体を休める事ができ、搾乳のときだけ集めるという方式のことです。
牛は特別なとき以外は繋がないで自由にしてあります。
牛舎には何時でも首を出して食べられる給餌場や給水場、寝床があり、外の運動場にも自由に出入りできます。
搾乳の時間が来ると牛たちはミルキングパーラー(搾乳室)の待機場に集まり、終わった牛から牛舎に戻っていきます。
また、餌は牛の平均乳量などを基準にカロリー計算をして飼料の献立つくり、ミキサーで混ぜたものをいつでも食べられる状態にしておく方式をとっています。
開放的で牛が自由に動きまわれるこの牛舎では、病気やケガ、ストレスを引き起こすことが少なく、健康な乳牛が育ち、良質の牛乳を多量に生産します。
牛の能力を存分に発揮させる、快適な環境について考えた結論であり、「サツラク牛乳」の品質の高さを裏付けています。
フリーストール牛舎
ミルキングパーラー
▲トップに戻る
Copyright サツラク農業協同組合. All rights reserved.