サツラク NON−GM牛乳

サツラク農業協同組合

サツラクは安全な食品提供のひとつととして、
非遺伝子組換え飼料で育てた、
乳牛の乳で作った新鮮な牛乳の販売に取り組んでいます。

より安全を求めて

「遺伝子組換え」とは、農作物を除草剤や害虫から守る為に、遺伝子レベルで品種改良を行う技術の事です。長期間をかける普通の品種改良に比べ、遺伝子組換え技術は、改良までの時間が大幅に短縮されるメリットはありますが、急成長した技術なだけに、未だ確認の出来ない事柄もあるのも否めません。確かに安全性は公的機関により保証されていはいますが、果たしてその保証は絶対と言い切れるのでしょうか?
そんな状況の中で「より、安全な食品を」と、望まれる皆様の為に生まれたのが、NON−GM牛乳です。まさにお客様自身の声から生まれた牛乳と言っても過言ではありません。
自分自身で安全な食品を選ぶと言う事は、人間の生きていく上で重要な「食生活」という分野において、一歩前進した考え方であり、また重要な事柄でもあります。皆様にワンランク上の安全を選んで頂く為の牛乳なのです。

NON−GM牛乳への取り組み

NON−GM牛乳とは、遺伝子組換えとうもろこし等を使わずに製造した特製の飼料で育てた乳牛から搾った生乳でできた牛乳のことです。
サツラク農協の11戸の限定牧場では、遺伝子組換えをしていない飼料のみで牛を育てています。これらの牧場の牛から搾られる生乳は一般の牛乳とは別のラインを通って製造されますので、他の牛乳と混合されることはありません。
混じりのない100%NON−GM牛乳を皆様の食卓へお届けしています。

NON−GM牛乳のできるまで

図 NON−GM牛乳のできるまで

非遺伝子組換え飼料は、まず信用のおける業者から原料が納入されたものを使用しています。全てはここから始まるのです。 非遺伝子組換え飼料は、サツラク農協組合員の牧場の中から厳選した11戸の酪農家(平成22年2月現在)へ運ばれ、乳牛へ与えられます。そして毎日生乳が搾られるのです。その生乳は高品質な風味と成分を誇っております。 搾られた生乳はNON−GM専用のタンクローリーでサツラク牛乳の工場へと運ばれ、専用の受け入れラインでNON−GM生乳専用のタンクへ貯蔵されます。さらに専用のラインへ殺菌処理等が施され、パックやビンに詰められます。最後まで一般の牛乳と混ざる事はありません。 牛乳の美味しさと新鮮さをそのままにワンランク上の安心・安全を食卓へお届けします。
このウィンドウを閉じる